読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「オリーブ神奈川」の実態

先月投稿した記事は、主に「オリーブ神奈川」を批判した内容である。オリーブ神奈川とは、私が2年前まで会員として関わった市民団体で、最後の2、3か月は役員でもあった。 「オリーブ神奈川には、大した人がいないね」オリーブ神奈川の会員と話した人(非…

集団または組織の問題

集団または組織の内部の人が、外部からの視線への想像力を失う現象は、しばしば見られる。外部の人から自分たちの姿がどう見えるのか。どう思われるのか。それらを想像しようともしなくなると、その集団または組織の先行きは明るいとは言えない。 これまでに…

真実

某元議員は、支援者または支持者だった人を、次々と離反させてしまった。本人にとっては自分を守るつもりで行なっていることが、自分を更に窮地に追い込んでしまった。 元議員は、インターネットを利用することによって、状況をコントロールするつもりだが、…

祈り

ある高校の女子生徒「A」が、数カ月間に渡って交際していた同学年の男子生徒「B」から酷い心理的DVを受け、耐え続けていたが、振られてしまった。更に、Bが別の女子生徒「C」と交際しようとしたことを知り、とうとう心が壊れてしまった。その後、Aは…

試練

最近、元衆議院議員の三宅雪子さんは、以下の記事の「別人化」に近い心理状態にあると私は思う。 元自衛隊メンタル教官が教える 「折れてしまう」原因は、ストレスではなく◯◯だった 〈dot.〉|dot.ドット 朝日新聞出版 ストレスの程度にもよるが、例えば震災…

進路変更

元衆議院議員の三宅雪子さんに関しては、私が知っていても、BlogまたはTwitterでは公表できないことがいくつもある。このBlogの過去の記事の補足として、この記事を投稿するが、どのような表現にするかについて、かなり悩んできた。私は、三宅さんの政治活動…

「推定無罪」と人物評価

小沢一郎さんの支持者が、「小沢さんは無実だ」と主張するとき、しばしば「小沢さんを総理大臣に」などと小沢さんを評価する発言と混在させることに、違和感を覚えている。 「無罪推定の原則」は、「小沢になんか、何も期待しないよ」と言っている人物でも従…

トラブルの全体像(最近のTwitterより)

被害者意識の強さ、決め付け、思い込みは、一方だけでなく、双方にあることが、更に問題をややこしくしている。双方に、相手側メンバーの心理を理解していない人が多い。互いに、相手側に対して決め付け、思い込みがあるので、的外れな非難の応酬になる。— K…

元衆議院議員の三宅雪子さんを攻撃するカルト集団が拡大した理由

カルト集団のメンバー(三宅雪子さんの親族FMを除く)には、集団へ勧誘するときに、他者を騙した、または嘘をついたという認識はない。カルト集団が拡大したのは、三宅さんの言動への「強いバイアスに基づいた解釈」が、メンバー以外の者にも共有(納得)し…

カルト集団が、元衆議院議員の三宅雪子さんを攻撃する理由

前回の記事でも、カルト集団が三宅雪子さんを攻撃する理由について述べたが、やや分かりにくい表現になってしまったと感じている。 そのため、改めて、別の表現で私見をまとめることにした。 彼ら(三宅さんの親族FMを除く)は、「三宅がおかしなことをたく…

元衆議院議員の三宅雪子さんをストーキングするカルト集団

元衆議院議員の三宅雪子さんが、オウム真理教にも似ているカルト集団に、数カ月間に渡ってストーキングされている。 三宅さんは、この問題についてTwitter、Facebook、ブログで意見を述べられている。 そのブログの記事へのリンクを、以下掲載する。 支えあ…